デザインのポイント 

1.自分史づくりそのものが“ 自身の人生を家族に語り聞かせる機会”となる取材プロセス 

2.複数人が本を同時に囲み読むシーンの実現のための大判かつ開きの良い装丁デザイン 

3.完成後も家族の生活の側にあり、家族の象徴として飾ることができる 額型のケース と写真

 

書籍:寸法:357mm×298mm×18mm/重量:980g/材質:阿多古和紙・布など、書帙・額型ケース:寸 法:396mm×338mm×30mm/重量:945g/材質:国産桧など

本格タイプ(30ページの場合の価格)

¥908,000価格
  • 出版のススメ研究会による取材3回編集および額型書帙ケース、 A4縮小印刷1冊9,000円含む、追加頁2頁ごと@58,000円)

    家族の歴史をしっかりと振り返りながら、考察し大切にしたい事柄や時代に合わせて変えていく事柄など「不易流行」を導き出す本格タイプです。

    書帙とは:和本を包み保護する布張りの覆い。和本類を保存するには,上等のものはすべて帙入れ(ちついれ)とする。冊子本になってからは厚紙に布を張り書物の形に応じて折り曲げ,爪(つめ),紐(ひも)などで留める形式になった。

  • 返品・交換・キャンセル等:ご契約書類送付後、捺印、ご入金後より7日以内